かんたん車査定ガイド
↑  ↑  ↑
下取り車がディーラーよりも40万円高く売れたサイト
 

新型 セレナ 値引き

新型セレナの値引きは「15万円」程が相場で、そこから値引き交渉次第で「20万円」ぐらいまで値引きを上乗せできれば合格と言っていいと思います。

ただ、上記はあくまで雑誌等で言われている値引き額で、誰でも再現できるわけではないのも事実です。

でも、実は下記で紹介するサービスを使うことで、誰でも簡単に新型セレナの購入額を「40万円」以上安くすることができる可能性があります。 新型セレナを誰よりも安く買うための方法を紹介していきたいと思います。

下取り車は日産ディーラーに売らずに買取業者に高く売る

下取り車は通常ディーラーに売却する方が多いと思いますが、買取業者の方がより高額査定をしてくれることが多いです、理由は後述します。

下記のサイトにも、買取業者で下取り車がディーラーよりも「40万円」高く売れた実例が紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

私が知っている買取業者での高額査定の実例には、6年乗ったミニバンがディーラーよりも「60万円」高く売れた、7年乗ったボルボがディーラーよりも「100万円」高く売れたというケースもあります。

なぜ、こんなにも買取業者とディーラーとの査定額に違いがでるかの理由は、買取をした後の販路の違いにあります。

ディーラーでは自社の中古車屋で再販することが多いのですが、買取業者はオークション、個人売買、輸出や独自のルートを持っていることも多く、一番高く再販できるルートを基準に査定額を出してくれます。 ディーラーはどうしても新車販売に重きを置いているので、買取業者と比較をするとかなり分が悪いです。

ディーラーのセールスマンもこのように買取業者が高額査定をすることは知っています。なので、セールスの中には中にはディーラーに内緒でお客さんに自分の知り合いの買取業者を紹介して、紹介料でこっそり稼いでいる者もいます。

・買取業者の利用方法

買取業者の使い方ですが、注意したいのは、複数の業者の査定額の比較が必須だということです。

なぜかというと、業者によって買取後の販路に違いがあるので、車種や手放すタイミングで一番高く査定してくれる業者が違うからです。

なので、『ちょうど手放すタイミングで一番高く査定してくれる業者』を見つけることが、高額査定を引き出すためには重要です。

そこで、便利なのがネットで簡単に利用できる『一括無料査定サービス』です。ご自身で複数の業者を探したり訪問せずに、一度の情報入力でまとめて地元の優良買取業者に査定依頼できます。

『一括無料査定サービス』を使う場合、業者も他社との競合になっていることがわかるので、最初からより高く査定額を付けてもらいやすくなる点も、自分で業者を探す場合よりも有利だと思います。

以下に、まとめて査定依頼できる業者の数が多くて、簡単に情報入力して実際の査定依頼でまでできる業者をまとめたので、参考にしてみてください。 新型セレナの値引き交渉とは別に、下取り車の高額査定を試してみましょう。 

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

かんたん45秒で情報の入力は完了します
・概算の査定額は情報を入力したらすぐに画面に表示されます
・東証一部上場企業「エイチーム」運営のサービス
・「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟の車買取査定会社と提携していて安心

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選された最大10社に査定依頼ができます
・カスタマーセンター(年末年始以外年中無休)での電話相談も可能
・ネットのサービス比較サイト大手の「ウェブクルー」が運営するサービス

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・サービスの運営は大手リクルートで公式サイトの情報量は一番
・中古車価格の相場が掲載されているので査定額のヒントになります
・公式サイト内の「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」をチェックすればさらに査定額アップするかもしれません

公式サイトはこちら

 

セレナ 値引き 2016

セレナの値引きですが、

© 2016 セレナ 値引き rss